ユーグレナのバイオ燃料で走るユーグレナ・ファーム号

TVでも度々取り上げられているユーグレナ(ミドリムシ)は、食品だけでなくバイオ燃料としても注目を集めています。ユーグレナのバイオ燃料で走るユーグレナ・ファーム号について
MENU

ミドリムシの可能性は無限大!ユーグレナのバイオ燃料で走るユーグレナ・ファーム号

Sponsored Links

 

TVでも度々取り上げられているユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、食品だけでなくバイオ燃料としても注目を集めています。

 

2015年12月、ユーグレナ社は、横浜市、千代田化工建設株式会社、伊藤忠エネクス株式会社、いすゞ自動車株式会社、全日本空輸株式会社と協力して、2020年に向けた国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化計画を始動する旨を発表しました。

 

それに先駆けて登場したのが、「ユーグレナ・ファーム号」です。

 

「ユーグレナ・ファーム号」は、石垣産ユーグレナから抽出されたバイオ燃料を使って走る車で、2012年5月から2015年3月までの間、週に1回自由ヶ丘の街でユーグレナ商品の移動販売をしていました。

 

もちろん売っていた商品もユーグレナ。

 

ユーグレナの看板商品「ユーグレナ・ファームの緑汁」をベースにしたユーグレナ・ラテ、ユーグレナ・スムージー、フローズン・ユーグレナなどのドリンク類をはじめ、クッキーテイストのサプリメントバーやユーグレナでコーティングされたお米などが並んでいたようです。

 

街の関心度は高く、雨の日でも行列ができたというから驚きですよね。

 

当時ユーグレナ・ラテを試した方のブログを拝見すると、「口の中に少し粉っぽさが残るものの、言われなければユーグレナとはわからない。普通に抹茶ラテだと思ってしまう」との感想が書いてありました。
ドリンクを買うと緑汁の試供品も貰えたので、これを機に緑汁を始めた人も多かったかもしれません。

 

 

今はもう「ユーグレナ・ファーム号」は走っていません。でもユーグレナ・ラテやユーグレナ・ベーグル等の販売は、「ジュノエスクベーグル自由が丘本店」で続けられているそうです。

 

ミドリムシの無限の可能性を乗せて走った「ユーグレナ・ファーム号」。
ぜひ一度見てみたかったです。

 

Sponsored Links

 

 

ワンコインで気軽にお試し♪

 おすすめのユーグレナサプリはこちら

このページの先頭へ