ユーグレナとは

ユーグレナとは
MENU

植物?動物?無限の可能性を秘めた不思議な生物ユーグレナとは

Sponsored Links

 

 

 

最近話題のユーグレナをご存じですか?

 

実はユーグレナとは、和名「ミドリムシ」のこと。小学校の理科の時間に顕微鏡で観察したあの緑色の生物です。

 

ミドリムシといっても昆虫ではありません。ミドリムシ綱ミドリムシ目に属する微生物で、池や水田などの淡水に生息する藻の一種です。

 

体長わずか0.05mm。光合成をして体内に栄養を蓄える植物としての性質と、鞭毛運動で移動する動物としての性質、その両方を併せもっているのが特徴で、生物学上とても珍しい存在と言われています。2005年、企業と東大との共同研究で大量培養ができるようになり、健康食品やサプリメント、化粧品などの分野で広く活用されるようになりました。

 

人気の秘密は、含まれている豊富な栄養素。ユーグレナには、植物性の栄養素と動物性の栄養素、合わせて59種類の栄養素が含まれています。

 

その内の1つパラミロンは、ユーグレナ独自の成分。人の体内に取り込むことで、中性脂肪など体内の不要な物質を吸収する性質があるそうです。

 

他にもビタミンやミネラル、DHA、人間が体内で合成できない必須アミノ酸などなど・・・。ユーグレナには、人間が必要とするほぼ全ての栄養素が含まれているんですね。栄養補助食品として、これほどぴったりの素材はないかもしれません。

 

さらに吸収力の良さも魅力です。野菜などの植物には、栄養吸収を妨げる堅い細胞壁(セルロース)というものついています。そのため吸収できる栄養素は、食べた内の約40%と言われています。

 

ところがユーグレナにはその細胞壁がありません。そのため吸収率は約93.1%!野菜の倍以上の栄養を吸収できるということです。

 

 

ユーグレナのすごさは食品だけにとどまりません。現在その特性を利用して、地球温暖化対策や原油代りの燃料として活用するなど、幅広い分野での研究が進められています。

 

無限の可能性を秘めた緑の生物ユーグレナ。興味が尽きません。

 

 

 おすすめのユーグレナサプリメントはこちら!

このページの先頭へ