ユーグレナ社 出雲社長

ユーグレナ社の社長は出雲充氏です。世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功した会社で、現在大量培養に成功しているのは、このユーグレナ社だけなんですね。 現在いくつものメーカーから、ミドリムシ配合のサプリや健康食品が販売されていますが、それらは全部このユーグレナ社のミドリムシを使っていることになります。
MENU

ミドリムシで世界を救う男!ユーグレナ社の出雲社長がおもしろい

Sponsored Links

 

最近あちらこちらで見かけることが多くなったミドリムシ。TVでも何度も紹介されていますよね。
ミドリムシの学名はユーグレナと言い、このユーグレナをそのまま会社の名前にしてしまったのが株式会社ユーグレナ。

 

世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功した会社で、現在大量培養に成功しているのは、このユーグレナ社だけなんですね。
現在いくつものメーカーから、ミドリムシ配合のサプリや健康食品が販売されていますが、それらは全部このユーグレナ社のミドリムシを使っていることになります。

 

そのユーグレナ社の社長が、出雲充氏です。

 

略歴を拝見しました。

 

2002年 東京大学 農学部農業構造経営学専修 卒業
2002年 株式会社東京三菱銀行 入行
2005年 株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 就任
2005年 世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功
2012年 東京証券取引所マザーズ上場
2014年 東京証券取引所第一部
2015年 第1回日本ベンチャー大賞「内閣総理大臣賞」受賞

 

新卒で入った都市銀行を1年で辞め、2005年に仲間と2人で会社を設立。
その9年後には、東証一部に上場を果たしています。
すごいというか、おもしろいというか・・・、スケールが大きすぎて理解に苦しみます。

 

そもそも出雲社長は、なぜミドリムシを商品化しようと思ったのでしょうか。

 

あるインタビュー記事によると、きっかけは18歳のときに初めて行った海外旅行にあるようです。

 

出雲社長が初めての海外旅行に選んだ地は、インドの隣のバングラデシュという国です。
そこで現地のお腹を空かせた子供たちに持っていったのが、トランクいっぱいのカロリーメイト。
ところが実際に行ってみると、お腹を空かせた子供は一人もいなかったそうなんです。

 

いなかったけど、子供たちの食事は毎日カレーライスと豆のスープだけ。動物性たんぱく質や野菜、フルーツが絶対的に不足していて、空腹よりも栄養失調の方が問題になっていたそうです。

 

そこで帰国してから食べ物についていろいろ調べた結果、栄養失調の問題を解決する方法として辿り着いたのがミドリムシでした。

 

ミドリムシは動物性の栄養素と植物性の栄養素を豊富に含んでいて、しかも製品化すれば輸送や保存も簡単です。
2012年刊行の著書のタイトル「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」は、出雲社長の当時の決心を表したものかもしれませんね。

 

会社を設立した年の12月、東京大学、大阪府立大学、近畿大学等の各大学の研究室との共同開発で、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功!ミドリムシの製品化が可能になりました。

 

現在ユーグレナ社は、食品や化粧品だけでなく、ミドリムシ由来のバイオジェット燃料の開発も行っています。 2020年実用化を目標に、JX日鉱日石エネルギーや日立製作所と共同で研究を進めているそうです。

 

「ミドリムシで飛行機を飛ばす!」
一見夢物語のようですが、出雲社長なら本当に実現できるかもしれません。
ミドリムシが空を飛ぶ姿、早く見たいものですね。

 

ワンコインで気軽にお試し♪

 おすすめのユーグレナサプリはこちら

 

このページの先頭へ