ユーグレナとスピルリナの違い

ユーグレナとスピルリナの違いについて
MENU

ユーグレナとスピルリナの違いについて

Sponsored Links

 

近年注目を浴びているユーグレナですが、似たようなものスピルリナというものがあります。

 

では、ユーグレナとスピルリナ、その違いは一体何なのでしょうか?

 

ユーグレナもスピルリナも、どちらも藻類です。
その両者の決定的な違いは、食用としての歴史です。

 

ユーグレナは昔から注目されていたのですが、大量培養が困難であったため、なかなか食用として普及しませんでした。
それが、2005年に大量培養に成功して、私たちの手元にわたるようになりました。

 

一方、スピルリナは古代より食用の藻類として親しまれてきました。
その食べ方としては、天日干しにして焼いたり、スープなどに入れていたそうです。

 

どちらも気になるのは含まれる栄養素ですが、両者に含まれる栄養素はほぼ互角といっていいそうです。

 

ですが、スピルリナの弱点としては、ユーグレナに含まれるビタミンC・DHA・EPAが含まれていないことです。

 

一方、スピルリナの強みは、核酸やγリノレン酸などの栄養素の含有量が高いということが挙げられます。

 

 

また、スピルリナとユーグレナを比較すると、ユーグレナの方が価格が高く、ユーグレナ100%の商品がほとんど存在しないということがマイナス点のようです。

 

ユーグレナが気になっているけれども、コスト面で気になるという方がいれば、スピルリナを購入してみるのも一つの手かもしれません。

 

ワンコインで気軽にお試し♪

 おすすめのユーグレナサプリはこちら

このページの先頭へ